グリコアルブミンとヘモグロビンA1cの関係

天王寺、藤井寺の耳ツボ痩身法 ダイエット鍼灸院 東洋スリム藤岡です。

1月16日に行った献血の検査成績のハガキが昨日届いていました。

肝機能、コレステロールなどは全然問題ないのですが、僕がいつも気にしているのがグリコアルブミンの数値なんです。

これは糖尿病の検査項目。

僕は182cmで67kg位、体脂肪率も10%位ですから平均体重以下でまあ痩せ型です。

運動も週2回くらいはランニングしていますし、日頃も1万歩は歩きますので運動はしている方だと思います。

でもこの数値が正常値以上ではありませんが、そんなに低い訳でもない。

何故でしょう?たぶん僕が糖尿病の家系だからだと思います。母、叔母、亡くなった祖父母も糖尿病でした。高血糖になりやすい遺伝子を受け継いでいるからだと思います。例えば僕がもしぽっちゃりして来たらすぐにグリコアルブミンは上昇するでしょうね。

グリコアルブミンは過去約2週間の血糖値の目安が分かる数値で、16.8以上は高血糖の疑いがあると考えます。 

よくHbA1c(ヘモグロビンA1c)という項目を糖尿病の検査で使います。これは検査日から1カ月〜2カ月前からの血糖値の推移を見ます。世界基準で考えると

グリコアルブミン➗3➕0.4がHbA1c数値と考えて良いと思います。

今回僕のグリコアルブミンの数値が16でしたからHbA1cに換算すると

16÷3+0.4=5.7%となります。

6.2未満が優

6.2〜6.9が良

6.9〜7.4が不十分

7.4〜8.4が不良

8.4以上が不可

です。

良とか聞くとまだ良いのかとか思いますが、決して良くはないと思います。やはりベストは6.2未満。

僕はグリコアルブミンを15台にキープ出来るよう気をつけたいです。食事は炭水化物こら食べ始めずまず野菜やタンパク質から。

寝る時間に近い糖質はやめたいですね。

もしあなたが太られていて、糖尿病の疑いがあれば、痩せれば数値は下がります。

合併症が出始めてからでは痩せるのも大変です。

健康の為に今年こそダイエットですよ!

 

 

 

 

 

 

グリコアルブミンとヘモグロビンA1cの関係

 



院長のブログ一覧にもどる


Display mode : PCSP
PAGE TOP