[ブログ]暑い夜の痩せやすい睡眠の取り方

大阪阿倍野、藤井寺で耳つぼ痩身法24年の東洋スリム藤岡です。

ここ最近暑さもピークな感じで夜もなかなか気温が下がらないですね(-。-;

通院中の皆さんも夜はエアコンつけて寝ている方が大部分です。

僕も流石にこの季節はそうですね。

でも冷やし過ぎはよくありません。

身体が冷えすぎると代謝も悪くなり脂肪が燃えにくくなります。

今まで通われていた方のデータからすると、良くないパターンがエアコンの温度を25度位の寒い位に低く設定して、布団に包まって寝ている。旦那さんが暑がりで自分はもう少し温度高めにしたいけど止む終えずという話時々聞きます。

そう言う場合は布団より服を厚手のものにする。または夏場だけ可能ならば寝室を分けるとか。 ですかね。

逆によく痩せている方に多いのが、温度を27度位に設定して、タイマーにして朝方には切れるようにする。

扇風機とも併用すると冷えた空気が循環して、エアコン切れても目が覚めなかったらします。アイスノンや保冷剤で首や脇など血管を冷やすと案外涼しいものです。

朝方ちょっとじんわり汗をかいている位の方が身体の老廃物が出ていって良いと思います。

夏場に冷房や冷たい飲食で身体を冷やし過ぎて夏バテして痩せても、必ず秋には戻ります。

夏バテしないよう、適度な運動、冷やし過ぎない食事、水分、適切な睡眠とってリバウンドしないダイエットをしましょう。

※以上の事は東洋スリムでダイエットされた方の統計からのものです。住宅環境、体質などにより当てはまらない方もいます。ご理解くださいね。

 

 

[ブログ]暑い夜の痩せやすい睡眠の取り方

 



TOPページにもどる


Display mode : PCSP
PAGE TOP