[ブログ]治療家が不健康だと治療効果も半減する。喫煙は治療家失格だと思います。

大阪天王寺、藤井寺の耳つぼダイエット24年、東洋スリム藤岡です。

先日ある医療関係の読み物でこういう見出しに目が止まりました。

「治療家が不健康だと治療効果も半減する」

それでふと思い出したのが、昔付き合いのあった治療家Aさん。

Aさんはビジネス的には上手で手広く整骨院を何軒か経営していました。

でもタバコは吸うし、毎日飲み歩いて酒も相当飲む。まあ言ってみれば遊び人。どう見ても健康的な生活ではありませんでをした。

そんな生活しているものだから、体重も段々増えてきて、中年太りもいいとこでした。

その後付き合いは無くなりましたが、噂によるとその後経営破綻したようです。

Aさん自身があまり治療をしなくなったというのもあると思いますが、治療の腕も鈍ってました。

施術者は心身共に健康であるのが望ましい。

東洋医学は気をコントロールする医学。治療家自身の気が悪ければ、患者さんにも良い気が伝わらない。

僕は医療に携わるものタバコはまずNGだと思います。人を健康に導く人間がタバコ吸うなんて馬鹿げています。もちろん僕は吸いません(^_^)

あまり太っている人も医療には向かない。

酒に飲まれるような飲み方もするべきではない。

夜更かしをして睡眠不足の状態では決していい治療はできない。

遺伝的にとか、自分に落ち度が無くたまたま病気になられたのは止むを得ませんが、治療家ならば、心身共に健康な身体を保つ努力はするべきです。

 

 



TOPページにもどる


Display mode : PCSP
PAGE TOP