不妊と肥満。肥満は不妊のリスクが約2倍に。

毎月読んでいますジネコという妊活雑誌にこういう記事がありました。

不妊治療をされている2人の医師の対談で、そのまま丸写ししますと「妊娠を希望されるのなら、ぜひともその前に肥満は解消しておいていただきたいですね。肥満そのものは病気ではありませんが、多くの病気の引き金になることは確かで、不妊のリスクも約2倍になります。運良く妊娠されても、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、血栓症など、母体や胎児の命を脅かすほどの合併症リスクも明らかに高くなります。とはいえ過激なダイエットも不健康ですから、体重管理は若いうちから心掛けてきただきたいものです。」とありました。

そして妊娠を望むなら目安としてBMI値18.5〜25を維持したいとありました。

160cmの人なら47.36kg〜64kg

155cmの人なら44.44kg〜60kg

150cmの人なら41.62kg〜56.25kgになります。

東洋スリムでも過去に不妊治療をされても妊娠しなかった方が10kg位痩せるとひょっこり妊娠されたケースが何例もあります。ちょっとぽっちゃり位なら大丈夫と思いますが、明らかに肥満という方ならば健康的にダイエットする事で妊娠につながる可能性が大きくなると思います。

また妊娠を希望されていない方でも痩せる事でホルモンバランスが整い、生理不順が治ったり、生理痛が楽になる方は沢山いらっしゃいます。

太り過ぎている事にメリットは一つもありません。

 

不妊と肥満。肥満は不妊のリスクが約2倍に。

 



院長のブログ一覧にもどる


Display mode : PCSP
PAGE TOP