寝る前スマホは肥満につながる「スマホ太り」

今日ネットニュースで見たのですが、

寝る前にスマホを見ると太ると書いて

ありました。どういう事かと言います

と、スマートフォンの画面からブルー

ライトが発されています。そのブルー

ライトを夜浴びると眠気をもよおす

「メラトニン」の分泌量が抑制される

そして睡眠が浅くなったり、寝つきが

悪くなったりします。悪化すると不眠

症になる事も十分考えられます。

睡眠の質は食欲をつかさどるホルモン

分泌に影響します。睡眠時間が短い場

合、食欲を抑えるとホルモン「レプチ

ン」が抑えられ、食欲を増進させるホ

ルモン「グレニン」の分泌が増え、脂

肪が燃えにくい太りやすい体質になっ

ていきます。早寝遅起きも自律神経の

バランスが崩れ、成長ホルモンの分泌

が減って太りやすくなります。

通院中の方にいつも言ってる事ですが

人間よく寝ないと痩せにくい!

経験上7時間位寝た方がよく痩せます

睡眠の質にもよりますけどね。

「寝る子は痩せる」ですよ。

当院では耳にある自律神経のツボや

頭にある不眠症、浅眠改善のツボで

よく寝れる身体作りを行っています。

 

 

 

寝る前スマホは肥満につながる「スマホ太り」

 

寝る前スマホは肥満につながる「スマホ太り」

 



院長のブログ一覧にもどる


Display mode : PCSP
PAGE TOP