コラム

ホーム » 体脂肪のつき方で異なる体型の変化

体脂肪のつき方で異なる体型の変化

体脂肪のつき方で異なる体型の変化理想の体型を目指すのでしたら、体重を落とす事を重視するのではなく、体脂肪を減らす事が大切です。体脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類があり、それぞれに適した痩身法も変わってきますので、どちらのタイプなのかを把握しておきましょう。

痩身は体脂肪を減らす事から

過度な食事制限やトレーニングによって体重を落とす事はできますが、それはダイエットに成功したとは言い切れません。何故かというと、身体に負担をかけるダイエットはリバウンドを引き起こしやすいだけでなく、筋肉量が落ちてボディラインが崩れる可能性もあるからです。
痩身を目指すのでしたら、体重を落とすよりも体脂肪を減らす事を意識したダイエットを心がけて下さい。体脂肪を効率良く落とすためには、内臓脂肪と皮下脂肪のどちらが多くついているのかを把握した上で、適切な方法を実践する必要があります。

あなたはどの体型タイプ?

体脂肪のつき方によって体型にも特徴が現れます。その特徴が果物の形に似ている事から、「リンゴ型」と「洋ナシ型」と呼ばれています。

リンゴ型(内臓脂肪)

お腹周りに脂肪がつきやすい体質で、太るとお腹がぽっこり出てきます。中高年男性によくみられるビール腹は、このタイプです。他の部分にはあまり脂肪がつかないため、一見太って見えない場合もあります。内臓近くに脂肪が多くつくリンゴ型タイプは、生活習慣病を引き起こしやすいので注意が必要です。
このタイプの痩身法としては、食事制限や軽い有酸素運動がおすすめです。よく噛んで食事をする、耳つぼを刺激するなどの満腹中枢への働きかけにより、食欲を抑えられます。また、お腹へのダイエット鍼でウエスト周りの内臓脂肪、皮下脂肪を集中的にサイズダウンする事が可能です。そして有酸素運動で体脂肪を効率良く燃焼する事ができます。

洋ナシ型(皮下脂肪)

下腹部や腰周り、お尻、太ももなどの下半身に脂肪が蓄積しやすいタイプです。特に女性によくみられる体型で、脂肪が目立って太ってみえるため、気にしている方は多いです。生活習慣病との関係性は低いのですが、皮下脂肪が蓄積すると凝り固まってセルライトとなります。セルライトが一度つくと、なかなか落としづらい傾向があります。
このタイプの痩身法としては耳のつぼ療法の他、足のつぼの刺激で血液やリンパの流れを良くする事でお尻や足がサイズダウンしたと好評いただいています。また、骨盤を矯正する事で下半身への血液やリンパの流れが良くなるケースも多いです。

自分の体質や体型に合った痩身法を知りたい方は、当院で一度ご相談下さい。
当院では、お客様一人ひとりの体質や体型に合わせた最適な痩身法をご提案いたします。身体に負担をかけないダイエットとして人気が高まっている「耳つぼダイエット」や、鍼灸、骨盤矯正など、様々な施術に対応しております。国家資格者が施術を行いますので、安心してお任せ下さい。当院は大阪市阿倍野区天王寺駅、藤井寺市藤井寺駅からすぐの駅近にございます。お近くの店舗へ足をお運び下さい。

大阪でダイエットするなら【東洋スリム健康相談室 藤岡鍼灸院】 概要

会社名 東洋スリム健康相談室 藤岡鍼灸院
住所 〒545-0051 大阪府大阪市阿倍野区旭町1-1-9 ヨドノビル8階   (あべの店)
電話番号 06-6630-9077 (あべの店)
住所 〒583-0027 大阪府藤井寺市岡1-5-35 スリーエイトビル4階  (藤井寺店)
電話番号 072-955-3098 (藤井寺店)
URL http://toyo-slim.jp/
業務内容 鍼灸
説明 大阪でダイエットをお考えなら、東洋スリム健康相談室 藤岡鍼灸院へお越しください。耳つぼの効果で食欲を抑え、基礎代謝を高めて、リバウンドしにくい身体を作る体質改善痩身法が人気です。骨盤矯正や鍼灸など様々な施術を行っております。

Display mode : PCSP
PAGE TOP